2019

画の紹介

[Think about a mystery of “Joker”] Why is the clock all at 11:11? |Refer to Jeremiah

The movie "Joker"(2019) has a mystery that all the clocks in the film refer to "11:11". In this article, checking that "11:11" is related to the book of Jeremiah in the Old Testament, and is going to check the common between Joker and Jeremiah. Also picking a little on the acceptance of the Japanese "Joker".
啓発書

自分を躾ける上で心掛けたい融和と暴力【自己実現と自己超越】

生活習慣によって形成されている「自己像」。なりたい自分に変身するためには「躾け」が大切である。そう説くのは加藤ゑみ子です。この記事では躾けを通して自己実現および自己超越を検討する『自分を躾ける』に潜む〈融和〉と〈暴力〉とを紹介します。
画の紹介

【後半部】読者の受苦、作者の治癒|スケアリーストーリーズ

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』には「物語は人を傷つけ、人を癒やす」というセリフがあります。これをテーマにして現実と虚構、人間と物語などの関係を劇中の「サラの本」によってもたらされるストーリーを追いながら、全三部の連載で楽しみます。
画の紹介

【中間部】読者の受苦、作者の治癒|スケアリーストーリーズ

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』には「物語は人を傷つけ、人を癒やす」というセリフがあります。これをテーマにして現実と虚構、人間と物語などの関係を劇中の「サラの本」によってもたらされるストーリーを追いながら、全三部の連載で楽しみます。
画の紹介

【前半部】読者の受苦、作者の治癒|スケアリーストーリーズ

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』には「物語は人を傷つけ、人を癒やす」というセリフがあります。これをテーマにして現実と虚構、人間と物語などの関係を劇中の「サラの本」によってもたらされるストーリーを追いながら、全三部の連載で楽しみます。
画の紹介

怖い映画の紹介と怖い本からの連想|スケアリーストーリーズ

アンドレ・ウーヴレダル監督の映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』。今回は「禁書」にもあったほどのヤバい本──アルヴィン・シュワルツによって書かれた児童文学作品の『誰かが墓地からやってくる』シリーズを原作にしたホラー映画を取りあげます。
画の紹介

3つのキーワードで考察|パラサイト 半地下の家族【ネタバレ解説】

ポン・ジュノ監督の映画『パラサイト 半地下の家族』には幾つかの象徴的な観点があります。当記事では「水石」「計画」「におい」の3つのキーワードで考察をし、その上で「絶対に失敗しない計画」を解釈をすることで、作品をご紹介します。
画の紹介

においの問題を考察する|パラサイト 半地下の家族【ネタバレ解説】

ポン・ジュノ監督の映画『パラサイト 半地下の家族』には幾つかの象徴的な観点があります。この記事では「におい」をキーワードに、ギテクとドンイクの関係に焦点を当てます。また、トッド・フィリップス監督の『ジョーカー』との比較も行っています。
画の紹介

計画の意味を考察する|パラサイト 半地下の家族【ネタバレ解説】

ポン・ジュノ監督の映画『パラサイト 半地下の家族』には幾つかの象徴的な観点があります。この記事では特に「計画」をキーワードに設定し、登場人物のキム家における父ギテクと息子ギウの関係も踏まえて作品内の「計画を立てる」意味を考察します。
画の紹介

水石の謎を考察する|パラサイト 半地下の家族【ネタバレ解説】

ポン・ジュノ監督の映画『パラサイト 半地下の家族』には幾つかの象徴的な観点があります。この記事では特に「水石」をキーワードに設定し、登場人物のギウが「象徴的だ……」と言ったことも踏まえた上で、作品内の水石の意味を考察します。
小説

想いの小説:風が吹く十字路に季節は移ろう|松永澄夫文芸三作品

哲学者・松永澄夫が発表した『風の想い──奈津──』『二つの季節』『幸運の蹄鉄』という3つの文芸作品があります。奇妙なことに作者自身が「面白い物語のイメージからはほど遠い」と自評しているのです。今回はそんな3つの小説作品のご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました