2002

小説

「意味あんのかよ、こんな世界!」を考える:『クチュクチュバーン』

「意味あんのかよ、こんな世界!」。吉村萬壱の『クチュクチュバーン』の帯文に書かれたキャッチコピになった作中のセリフです。この記事では登場人物の一人であるシマウマ男の経験から、〈考える〉のとは違った〈見る〉ことの奥行きについてまとめました。
漫画

日記蒐集家の見る夢と人間にとっての永遠:『ひゃくまんつぶの涙』

マンガ『ひゃくまんつぶの涙』には「日記蒐集家」という不死の存在が描かれています。人間を「日記」と呼び、その人生や魂を食らう。しかし人間たちは彼らの永遠を認めません。なぜ?――この記事では「人間にとって永遠とは何か」ということを書いています。
漫画

マイペースになれないひとへのラブレター:『コジコジ (2)』

マイペースはなろうとしてもなれるものではありません。でもそうなれたらどれほど楽でしょうか......。わたしたちは『コジコジ (2)』に登場するコジコジを見ると思うのです――なんてマイペースなんだ!そんなコジコジのマイペースについての記事。
漫画

【弱い心を強くする】3つの観点から読み解く『金色のガッシュ!!』

心を支配されてはいませんか?雷句誠の『金色のガッシュ!!』は心が支配されて不自由な人生を送っているひとに、心を統治するためのマインドセットを語ってくれます。支配された奴隷から、統治する王になるための心構えを学ぶのにうってつけの作品です。
タイトルとURLをコピーしました