計画の意味を考察する|パラサイト 半地下の家族【ネタバレ解説】

画の紹介
©︎Barunson E&A
Pocket

2月某日、ザムザ(@dragmagic123 )は映画『パラサイト 半地下の家族』を見ました。

鑑賞後の人生を揺るがしかねない大傑作です。

そして、見ればその意味を知りたくなる幾つもの象徴的な謎が見つかります。

この記事ではその謎のうち、特に「計画」をキーワードに設定して作品を掘り下げていきます。

※この記事には映画本編に関するネタバレがあります。
この記事で取りあげている画
ポン・ジュノ『パラサイト 半地下の家族』,ビターズ・エンド,2019

©︎Barunson E&A

 
この記事に書いてあること
  • 映画『パラサイト 半地下の家族』には幾つかの謎がある。「計画(プラン)」はこの映画を象徴するキーワードのひとつだ。キム家の長男ギウは水石というアイテムを手に入れることで富裕層の家をパラサイトする計画を立てる。まともに働き口がないなか、一家を貧しい半地下生活から盛り立てるためには、パラサイトすることが家族の生きる道だった。
  • 計画は失敗する。計画を立てたから。パラサイト計画には無計画な父ギテクと計画外の完地下の男グンセの登場によって崩壊する。結果、ギテクは社会にとってゴキブリにも等しい完地下生活者の地位に零落する。ギウは「不能の父」の代わりに希望を託した水石を手放し、かつて父が失敗した資本家への道を歩む覚悟をする。カネを稼ぎ、ギテクの宿主になるために。
  • 『パラサイト 半地下の家族』を、半地下生活を嫌がるキム一家が「無計画な父親を追放するために計画を立てた」父殺しの物語と見ることができる。母チュンスクにへばりつくゴキブリである父ギテクが完地下へと零落したのは象徴的な殺害だ。ギウは父が不在になったおかげで代理の父としてキム家を率いることができた。しかしまともな働き口がないので、絶望的。

 

計画の意味を考察する|パラサイト 半地下の家族【ネタバレ解説】

スポンサーリンク

『パラサイト 半地下の家族』について

 当記事では映画『パラサイト 半地下の家族』を紹介するのに、「計画」をキーワードにします。それに伴って焦点となる人物は主にギウとなります。また、計画を立てることの持つ意味に的を絞ることで、映画本編に関する情報はある程度限定したうえでの紹介となります。ご了承ください。

あらすじ

©︎Barunson E&A

 まず、『パラサイト 半地下の家族』のあらすじをご紹介します。引用元は映画情報サイト『映画の時間』(https://movie.jorudan.co.jp/)です。

家族全員で失業し、半地下の住宅に住むキム一家。事業に失敗した父ギテク、妻チュンスク、大学受験に失敗した長男ギウ、美大に進学したい長女のギジョンの4人は、なんとか内職で食いつないでいる。そんなある日、ギウは友人の紹介で、高台に住む裕福なパク一家の娘の家庭教師の仕事を得る。さらにギウは、パク一家の末っ子のダソンの家庭教師として、妹のギジョンを兄妹である事を隠して紹介する。こうして次々にパク一家に“パラサイト(寄生)”していくキム一家だが…。https://movie.jorudan.co.jp/cinema/38042/

 以上が、ざっくりとしたあらすじになります。

 

登場人物

©︎Barunson E&A

 ここでは映画を紹介する便宜のために主要な登場人物を整理しておきます。

  • キム家=全員失業中、半地下生活を送る下層市民
    • ギテク=事業に失敗した過去を持つ、貧乏気ままなキム一家の父親。(以下「父ギテク」)
    • チュンスク=元ハンマー投げのメダリスト。ギテクの妻。(以下「母チュンスク」)
    • ギウ=大学入試に失敗し続けている受験のプロ。長男。友人のエリート大学生にパク家での家庭教師の仕事をもらう。(以下「長男ギウ」)
    • ギジョン=経済的な理由で美大に行けないものの、相当の世渡りスキルを持つ次女。(以下「次女ギジョン」)
  • ミニョク=ギウの友人。大学に落ちたギウに対し、こちらは合格しているエリート。
  • パク家=丘の上の一軒家に住む富裕層
    • ドンイク=IT企業の社長。パク一家の父親。(以下「家長ドンイク」)
    • ヨンギョ=ヤング&シンプルな社長夫人。(以下「ヨンギョ夫人」)
    • ダヘ=高校2年生の恋に恋するパク家のご令嬢。(以下「令嬢ダヘ」)
    • ダソン=やんちゃだけど敏感なパク家のご子息。(以下「子息ダソン」)
  • ムングァン=パク家が住う家に代々仕える、家に専従するお手伝いさん。
  • グンセ=ムングァンの夫。パク家の地下で暮らす完全地下生活者。

 以上が『パラサイト 半地下の家族』の主要な登場人物になります。

 上の情報を踏まえた上で『パラサイト 半地下の家族』の考察していきます。

 

計画/生きる道を歩む

 映画『パラサイト 半地下の家族』を見ると幾つかの象徴的視点に気づくことができます。それは物であったり、言葉であったり、それから画面には映らないものであったり。筆者はそうした鍵となる要素を、①水石、②計画、③におい──の3つに分けました。

 ①水石に関しては次の記事を書いています。

 ③においに関しては次の記事にまとめています。

 ここでは上記の3つのキーワードのうち、②の「計画」について掘り下げます。

パラサイト計画

 ここでは、半地下の生活からの脱出のために長男ギウが計画を立て、天才肌の妹の助けを借りながらパク家にパラサイトするも、完地下の住人という計画外の事態に直面するまでを取りあげます。

職なきキム家の生きる道

©︎Barunson E&A

 映画『パラサイト 半地下の家族』という作品をより楽しむ上で、「計画(プラン)」は重要な手掛かりです。エリート学生である友人ミニョクから水石を受け取った半地下生活のキム家の長男ギウが予感したこと、そして無謀で実現しようのない空想ではなく、将来を見据えた計画へと構想したこと、それが「パラサイト計画」だったのですから。

 計画とは何でしょうか。なりたい状態を目標に設定し、そこへ到達する途中ルートを逆算して設定すること。そして自分が今できる地点まで途中ルートを遡ってきて、現状から目標までのルートを順に辿っていく。そうすることで“いつか王子様が”といった「夢を見ている状態」から「夢を叶える姿勢」に移行できるのです。この移行が「計画を立てる」ということです。

 映画冒頭、半地下生活のなかでキム家の面々は資本家である地上生活者になる道を進もうとするものの、それがうまくいかずに全員が失業中の身。そこに水石と共に舞い込んできたのがミニョクの家庭教師の引継ぎの話なのでした。富裕層であるパク家にパラサイトする計画は、長男ギウが、職もまともに見つからない社会状況にキム家の“生きる道”として見出した実現可能な方法だったのです。

 

天才肌のギジョン

©︎Barunson E&A

 計画が順調に進み、ギウの計画とギジョンの機転とで無職の半地下生活者だったキム家はパク家への寄生(パラサイト)に成功します。パク家が一家揃ってキャンプに出かけたときに、キム家の面々は丘の上の豪邸を我が物顔で満喫する。このときに次女ギジョンだけが“他の家族と違って”、妙に地上生活になじんでいる様子が映されるのです。

 ここでキム家の兄妹について触れておきます。長男ギウも次女ギジョンもそれぞれ進学できずにいるものの、パラサイト計画を実行する上での活躍を見る限り無能ではないとわかります。その意味でどちらも有能なのですが、コツコツと計画をこなすギウに対して、ギジョンの方は物事を直感でこなせる天才肌なのです。

 次女ギジョンは卒なく物事をこなし、文章偽造などのスキルもある。子どもの扱いもうまく、美術の先生として接したやんちゃなパク家の子息ダソンも余裕で手なづけるほど。長男ギウはミニョクを模倣することでキム家に取り入ったのに対し、ギジョンの方は誰かを真似る必要もなしに溶け込んで見せたのですから。

 

計画外の完地下

©︎Barunson E&A

 長男ギウが他人を模倣してできることを、次女ギジョンは自前のセンスに頼ってこなしてしまう。この対比は“計画になかったこと”が起こった際に際立ちます。パク家がキャンプに行った日の雨の夜、丘の上の豪邸に訪問者がある。クビにされたお手伝いのムングァンです。彼女によって半地下生活者であるキム家に暴かれたのはこの家の秘密でした。

 ムングァンはパク家の住む家の地下に、自身の夫であるグンセが「完全地下生活者(以降「完地下」)」として住まう階層があることを明かします。半地下生活者であるキム家は完地下の夫婦と対立し、そして立場の逆転、また逆転といった展開を見せるのでした。この後にまたキャンプに行ったはずのパク家が帰ってくるという計画外の出来事があり、結局キム家はほうほうの体で半地下に帰り着くことになるのでした。しかしそこは大雨のせいで、水没。次女ギジョンは言います。「計画はどうするの?

 計画外の事態に直面した長男ギウは、パラサイト計画の失敗を予感して落ち込み、責任を感じます。それでも浸水した半地下の家のなかで自分が「象徴的だ」と評した水石を拾い上げてしまう。ギウにとって水石はまさに計画の成功を象徴するものでした。計画に従うことが自分たちを地上へと引き上げてくれるのだと信じて。しかし今や、パラサイト計画には完地下生活者という不安要素がある。

 

無計画と計画外

 ここでは、パラサイト計画が破綻しつつあるなかで父ギテクが「絶対に失敗しない方法」を説くこと、そして長男ギウが自体の責任を果たそうとした挙句、計画が失敗するまでを取りあげます。

無計画な父ギテク

©︎Barunson E&A

 半地下の家が水没して避難したところで長男ギウは、父ギテクに計画について相談します。するとギテクは、計画について話す息子に「絶対に失敗しない計画ってなんだと思う?」と訊ねます。ギテクはそれは「無計画だ」と言い、計画を立てると必ず失敗すること、計画がなければ失敗しないことを説くのでした。いわば計画は一種の建築物でもあるですから、それを建てようとしなければ突然の災害や不慮の事故に思い煩うこともない、というわけです。

 ここで父ギテクが行き当たりばったりな無計画者であることに関して、半地下にある家での行状を思い返すと、以下の場面が挙げられます。

  • 映画冒頭でキム一家4人がピザの箱を折る内職をしているのですが、このとき精算の際に業者から四分の一が使い物にならない。これは映画を見た限り、ギテクが担当したものが不出来だった。ギテクの不器用さがうかがえる。
  • 殺虫剤が路上で散布されている場面で半地下の家の中に薬が入ってくるときには、他の家族が煙たがるなか、父ギテクがひとりだけ平然としている。これは他の面々が半地下の生活に嫌気が差しているのに、ギテクだけが順応しているのがうかがえる。 
  • 半地下から見上げる路地で立ちションをしようとする男がいる。食事中だった家族は立ちション男が迷惑。長男ギウが注意しにいこうとすると父ギテクは「放っておけ」と息子を諭す。ここでも半地下生活者の作法に順応していることがうかがえる。
  • ミニョクから家庭教師の仕事の話がきて、長男ギウがパク家へと面接に行くくだりでギテクは何も言わない。見かねた妻チュンスクは「面接に行く息子に言うことないの?」と言う。ここでようやく「父さんはお前が誇らしい」と声をかける。このなんとも気の利かないところ、それと口に出した言葉のテキトーさが、ギテクの無頓着な性格を表している。
  • そもそもキム一家が半地下生活に甘んじている理由が父ギテクにある。台湾カステラで事業を展開しようとしたギテクの失敗。どうやらそのことが大きかったのだと暗示されている。運転手として働いていたこともあったお陰で、パク家のお抱え運転手になれるものの、洗練された職業運転手には程遠い。

 ──以上から、キム家が半地下生活で無職な状態にいる原因が、計画を立てないギテクにあることをうなずけます。

 

クールで自然な人たち

©︎Barunson E&A

 パラサイト計画の行末を案じている長男ギウは、成り行きまかせな父ギテクから絶対に失敗しない計画を教わる。とても落ち着いてはいられないギウのもとに、パク家から連絡が入ります。曰く、ヨンギョ夫人の思いつきでパーティーを開くから手伝って欲しい、とのこと。

 キム家の面々が完地下生活者の発見や半地下の家の水没といったハプニングで一喜一憂するなか、丘の上のパク家ではハプニングでパーティーが開催される。そしてそんなハプニングパーティーにも難なく対応するパク家とその招待客。長男ギウはパク家の二階から、中庭に集まる人たちを見てこう言います。「急に集まったのにクールだし、自然だ。

 完地下の住人というハプニングでとてもクールではいられない長男ギウは、パラサイトして生きる完地下の住人ともども自分たちを不自然だと考えます。(このときの不安な心境は、隣に立つ令嬢ダヘへの「自分はここに相応しい人間だと思うか?」という質問からもわかります。)この不自然さは自然界から切り出された水石の不自然さでもあるでしょう。そして、パラサイト計画の立案者であるギウは、この丘の上のパク家にとって相応しくない不自然なもの──完地下の住人を、同じく自然物ではない水石を(虎の威を借りるように)使って(映画冒頭でミニョクが立ちション男を追っ払ったように)撃退しようと覚悟するのでした。計画を立てたことへの責任を果たすために。

 

2人の無計画者

©︎Barunson E&A

 長男ギウはパラサイト計画の責任を感じていました。そしてパク家の地下にいる完地下の住人を撃退しようとしたのです。地下に降りるまえ、ギウは令嬢ダヘにこう言っています。「先生はもっと下に降りる。」ダヘにとっての下は一階のことです。しかし先生であるギウが言うもっと下は、地下。さらにこのセリフには完地下の住人を非道徳的な方法で撃退することの暗示を読み取れます。パラサイト計画の成功のためには犯罪も厭わない。そうした覚悟が。

 結果、計画は失敗します。長男ギウは返り討ちに合い、妹ギジョンは死に、父ギテクは失脚し、“ゴキブリのように”完地下へと逃げこんで完地下生活者になってしまう。水石のように象徴的な見せかけの力を恃んだパラサイトの方法は、2人の無計画者によって失敗するのです。

 ひとつは完地下にいる男で、彼は資本主義がもたらした格差と階級とを盲目的に信じている。もうひとつは半地下にいるギテクで、彼もまた無計画を標榜し事態を受け止めるばかり。──どちらともが「計画的ではない」という点では、ギウの計画にとってはイレギュラーでした。とりわけギテクに関しては映画冒頭で「半地下生活から抜け出す気がない」ことがうかがえ、ギウのパラサイト計画は当初から失敗する可能性を抱えていたことがわかります。(このパラサイト計画の失敗をギテクの責任だと考えることもできる。)

 

ギウの新たな計画

 ここでは、父ギテクと息子ギウとの関係に焦点を当てて、キム家が無計画な父のせいで半地下生活になっているからこそ、ギウが水石を象徴的な父に見立てて計画を立てたことを取りあげています。

象徴的な父としての水石

©︎Barunson E&A

 映画『パラサイト 半地下の家族』を父ギテクと息子ギウの物語として見ることができます。すなわち、不能だけれども父としての権威があるギテクと、無計画な父の影響下から抜け出てキム一家を率いていこうとするギウ──というかたちに。このような構図から見れば、ギテクがギウの計画の協力者ではないことがわかります。半地下での生活から抜け出す気がない、計画を立てようとしない父の姿こそ、キム家の象徴とも言えるべき地位に収まっているのですから。

 息子ギウは一家を率いることのできる父になろうとしている。しかし当の父親であるギテクは不能であり、立派とは言えません。ここには自分がなろうとしている父への不満があり、同時に自分が父になることへの不安もあります。ここで、キムがミニョクから水石を受け取ったときに「象徴的だ。」「今のおれたちにぴったりだ。」と言ったことを取りあげてみましょう。あれはどういう意味があったのでしょうか。

 インポテンツ(不能)な父ギテクが象徴を務めるキム家(おれたち)。そんななかで息子ギウは半地下生活から抜け出すための手掛かりを水石に見出します。その後のギウが水石をもたらしたミニョクの振る舞いを模倣することも踏まえると、ギウが水石を象徴的だと言ったことには、不能な父ギテクの代わりに模範となってくれる「象徴的な父」の姿を認めていたからではないか──と考えられます。

 

完地下の住人への零落

©︎Barunson E&A

 長男ギウはキム家を半地下生活から抜け出させようと計画する。その性格上、父ギテクもギウが導く家族のなかに入っていることになります。不能の無計画者とはいえ、ギウは父親であるギテクをリスペクトしているのです。その計画に不穏な影が見えたときに、ギウはギテクの人生観である無計画の態度を聞きます。父親の考えとは正反対の生き方をキム家の面々に強いていたことを反省し、そしてより家族を導こうとしてうまくいかない事態に責任を感じることになる。この家族のリーダー(導く人)はあくまでギテクなのですから。

 ギウは、自らが計画したパラサイトの責任を取るかたちで、自分を計画することへと駆り立てた水石を持ち、完地下にいるグンセを殺そうとします。さながら、目障りなゴキブリを殺しにいくように。しかし息子ギウは返り討ちにあい、自身は大怪我、妹は死に、パラサイト計画は公になってしまうという最悪の結果を招くことになります。とりわけ、ギウにとって最も痛切だったのは、父ギテクが豪邸の完地下の住人になってしまったことでした。

 行方をくらませた父ギテクを、ギウは完地下から送信されるモールス信号(室内灯の点滅)によって居場所を知ることができました。ギテクからのメッセージには、自分は相応しいところに落ち着いたのだという諦観が込められています。前の完地下生活者であるグンセが「盲信の人」だったとすれば、ギテクは「諦観の人」なのです。ギテクは社会への、将来への、そして計画することへの諦観によって、グンセのいた完地下の地位へと零落したのです。

 

父が歩み損ねた道を歩む

©︎Barunson E&A

 父ギテクが送るモールス信号は一方的にしか送れません。言い換えると、誰かに向けて発信することはできても、それを受け取った人からのメッセージは受け取れず、メッセージが届いたかどうかもわかりません。ですので、解読したギテクの意思に対して、息子ギウは返信することができないわけです。ギテクは届くかわからず、届いたのかもわからないメッセージを、息子宛てに送ったのでした。

 キム家の父親はいなくなり、息子ギウは恃みにしてきた水石を川に落ちている一個の石へと還します。象徴的な父である水石を手放したギウは、改めて計画を立てます。それはいたってシンプルですが、同時に極めて困難なものでした。すなわち、カネを稼いで父ギテクが地下で暮らす豪邸を借りること。そして社会にとってゴキブリに等しい罪人=完地下生活者である父ギテクを、迎えて、ひとりの人間としての尊厳を取り戻すこと。つまりギウは「父ギテクがパラサイトする宿主になる」ことを目標に掲げて計画を立てたのでした。──この計画は父親へと送るていで手紙に書かれます。もちろん、この目標が達成されるまでは宛名人に読まれることはありません。 

 最後にギウが水石を手放してから立てた計画の意味に触れておきます。水石は父ギテクから乗り換えた「象徴的な父」だったのでした。水石を手にして以降、あからさまにミニョクを模倣し、虎の威を借りるように水石を振りかざしたりなどしていたギウの姿を思うと、キム家を導く指導者になろうとしていたギウにとってはキーアイテムだったことがわかります。しかし、映画の終盤に水石は捨てられる。これは水石から父ギテクへと目標を移したからです。水石が「金持ちにパラサイトする計画」を司るとすれば、父ギテクが司るのは「カネを稼いで資産家になる計画」です。ギテクはかつて台湾カステラ事業に手を出して失敗しています。ギウの「カネを稼いで豪邸を借りる計画」はまさに父親が歩み損ねた道の辿り直しである。父ギテクは象徴的に死にました。その死のあと、それでもなお「不在の父」は権威を持ちます。そこでギウは「代理の父」として父の不在を引き受ける。象徴的に死者となった父親を地下に匿う豪邸を祀って

 

おまけ

 ここで取りあげているのはおまけです。「計画」をキーワードに設定して考えをまとめていくうえで出てきた副産物になります。

ゴキブリとしてのギテク

©︎Barunson E&A

 息子ギウの計画にとって父ギテクが失敗の要因だった可能性を考えましたが、他方で、ギウの計画の結果として無計画者である父ギテクの社会的な殺害が起きたとも考えられます。そして最後に残るのは長男ギウと母チュンスクの二人だけ。

 この結末に「ゴキブリとしての父ギテク」をキム家から追い払うという裏の目的があった、という解釈もできるでしょう。なぜなら、キム家が半地下生活に甘んじていなければならない理由がギテクの無計画にあるのですから。現に、映画のポスターでチュンスクの右足にはゴキブリが付いています。このゴキブリはさしあたっては謎ですが、計画を立てないギテクを暗示しているようにも見えます。

 一家が地上生活者になるためにはギテクという家長は無用の長物です。そして、すげ替わった当主であるギウが新たな父として旧い父ギテクの歩み損ねた道を踏襲し、カネ稼ぎを計画する。母チュンスクを世話しながら。

 

オイディプスは戦死する

©︎Barunson E&A

 キム家における父殺しと母との生活は、ギリシア悲劇の『オイディプス』の一形態を思わせます。通常知られたオイディプス神話では、父を殺して母を娶ったオイディプスは目を潰して放浪します。しかしホメロスが語る『オデュッセイア』や『イリアス』などの最も古い形では、オイディプスは父を殺して母を娶ってからも王であり続けているのですから。……

 いわば、象徴的な死者を祀る墳墓を奪還すること──それがギウの目標になります。そのための道のりは容易いものではありません。映画冒頭で示されたように、働こうにも働き口がないのがデフォルトなのですから。どうにか働き口を見つけたところで、ピザの箱の組み立てという薄給業務。金持ちに寄生するパラサイトでは、一軒家を持つことはできない。だからこそかつて父ギテクがそうしたような資本家への道を歩む他ないのです。

 ちなみに、先ほど取り上げた『オイディプス』では、父を殺して母を娶った後のオイディプス王は戦場で壮烈な戦死を遂げることになります。映画内の社会状況を鑑みても、長男ギウひいてはキム一家の行末に希望を見ることは難しいでしょう。資本主義社会という戦場で果敢なく散ってしまう予感を拭うことはできません。

 

ギジョンの死という絶望

©︎Barunson E&A

 映画『パラサイト 半地下の家族』のエンディングにとってこの絶望感は、おそらく必要なものでした。そしてこの絶望を描くことが映画のテーマのひとつだったとすれば、ギジョンの死に関してもうなずけます。

 次女ギジョンが死ななければならなかったのはキム一家に再帰の可能性をなくすためだった。──そのような見方ができます。ギジョンは異性にモテる上に何事も卒なくこなす才女で、また類い稀な環境適応能力の高さを持っていました。もし彼女が生きていればキム家の再興にも希望があったはずです。

 あるいは、ギジョンの死がギウに水石を捨てさせたという見方もできるでしょう。実際、ギウによるパラサイト計画の多くはギジョンの文章偽造能力に負っていたところが大きかったのですから。ギジョン亡き今(くわえてミニョクとのつながりもパク家での事件によって絶えたに違いない)、前科者であるギウには借りることのできる虎の威は残されていないのです。

 

まとめ

映画『パラサイト 半地下の家族』はおもしろい作品です。娯楽作品として楽しめるばかりではなく、多くの象徴的な表現があり、それを読み解くこともまた楽しい。当記事では特に「計画」をキーワードとして設定してきました。観た人にさまざまな考えをはじめさせる作品はいいものです。これを読まれた方はぜひ、引き続き『パラサイト 半地下の家族』を観た後の世界を楽しんでください。

_了

関連資料

山口修司「『オイディプス王』読解」『北海学園大学学園論集』131,北海学園大学,2007

コメント

タイトルとURLをコピーしました