水石の謎を考察する|パラサイト 半地下の家族【ネタバレ解説】

画の紹介
©︎Barunson E&A
Pocket

2月某日、ザムザ(@dragmagic123 )は映画『パラサイト 半地下の家族』を見ました。

鑑賞後の人生を揺るがしかねない大傑作です。

そして、見ればその意味を知りたくなる幾つもの象徴的な謎が見つかります。

この記事ではその謎のうち、特に「水石」をキーワードに設定して作品を掘り下げていきます。

※この記事には映画本編に関するネタバレがあります。
この記事で紹介している画
ポン・ジュノ『パラサイト 半地下の家族』,ビターズ・エンド,2019

©︎Barunson E&A

 
この記事に書いてあること
  • 映画『パラサイト 半地下の家族』では幾つかの謎がある。「水石」もまたこの映画を象徴する重要なアイテムである。主人公ギウは水石を「象徴的だ」と言う。自然界から切り取られ、見立ての力によって価値を持つ水石は、自分たちキム家が半地下生活から抜け出すための示唆に富んでいた。すなわち、富裕層に取り入ること──パラサイトする生き方を。
  • 水石はまた、流れに流されない石でもある。それが象徴するところは、不条理な社会の流れに流されるように生きてきた自分たち根無しの家族に「流されないための重みをもたらすもの」でもあった。しかし水石は雨に水没した家のなかで浮かぶ。所詮は「見せかけは見せかけのものでしかない」ことが暗示され、パラサイトする生き方の不可能性が浮かびあがる。
  • パラサイト計画は失敗し、父ギテクはゴキブリのような身分に身をやつすことになる。ギウは水石を川の流れに還す。これは自分が恃んでいた見立ての力と、父親をゴキブリの地位に貶めた象徴性、それから自然のものが置かれた不自然な状態からの解放の意味があった。そしてギウはパラサイトされる側になって一人のゴキブリを元の人間として迎える計画を立てる。
 
 

水石の謎を考察する|パラサイト 半地下の家族【ネタバレ解説】

スポンサーリンク

『パラサイト 半地下の家族』について

 当記事では映画『パラサイト 半地下の家族』を紹介するのに、「水石」をキーワードにします。それに伴って焦点となる人物は主にギウとなります。また、水石の持つ意味に的を絞ることで、映画本編に関する情報も限定して紹介しています。ご了承ください。

あらすじ

©︎Barunson E&A

 まず、『パラサイト 半地下の家族』のあらすじをご紹介します。引用元は映画情報サイト『映画の時間』(https://movie.jorudan.co.jp/)です。

家族全員で失業し、半地下の住宅に住むキム一家。事業に失敗した父ギテク、妻チュンスク、大学受験に失敗した長男ギウ、美大に進学したい長女のギジョンの4人は、なんとか内職で食いつないでいる。そんなある日、ギウは友人の紹介で、高台に住む裕福なパク一家の娘の家庭教師の仕事を得る。さらにギウは、パク一家の末っ子のダソンの家庭教師として、妹のギジョンを兄妹である事を隠して紹介する。こうして次々にパク一家に“パラサイト(寄生)”していくキム一家だが…。https://movie.jorudan.co.jp/cinema/38042/

 以上が、ざっくりとしたあらすじになります。

 

登場人物

©︎Barunson E&A

 ここでは映画を紹介する便宜のために主要な登場人物を整理しておきます。

  • キム家=全員失業中、半地下生活を送る下層市民
    • ギテク=事業に失敗した過去を持つ、貧乏気ままなキム一家の父親。(以下「父ギテク」)
    • チュンスク=元ハンマー投げのメダリスト。ギテクの妻。(以下「母チュンスク」)
    • ギウ=大学入試に失敗し続けている受験のプロ。長男。友人のエリート大学生にパク家での家庭教師の仕事をもらう。(以下「長男ギウ」)
    • ギジョン=経済的な理由で美大に行けないものの、相当の世渡りスキルを持つ次女。(以下「次女ギジョン」)
  • ミニョク=ギウの友人。大学に落ちたギウに対し、こちらは合格しているエリート。
  • パク家=丘の上の一軒家に住む富裕層
    • ドンイク=IT企業の社長。パク一家の父親。(以下「家長ドンイク」)
    • ヨンギョ=ヤング&シンプルな社長夫人。(以下「ヨンギョ夫人」)
    • ダヘ=高校2年生の恋に恋するパク家のご令嬢。(以下「令嬢ダヘ」)
    • ダソン=やんちゃだけど敏感なパク家のご子息。(以下「子息ダソン」)
  • ムングァン=パク家が住う家に代々仕える、家に専従するお手伝いさん。

 以上が『パラサイト 半地下の家族』の主要な登場人物になります。

 上の情報を踏まえた上で『パラサイト 半地下の家族』の考察していきます。

 

水石/見せかけの力

 映画『パラサイト 半地下の家族』を見ると幾つかの象徴的視点に気づくことができます。それは物であったり、言葉であったり、それから画面には映らないものであったり。筆者はそうした鍵となる要素を、①水石、②計画、③におい──の3つに分けました。

 ②計画については次の記事を書いています。

 ③においに関しては次の記事にまとめています。

 以下では3つのキーワードのうちの①水石について掘り下げます。

象徴的、見せかけ的

 ここでは、「象徴的な見せかけの力を秘めた水石」に、半地下生活者である一家が成り上がっていくことの希望を見たギウが、地上生活者であるパク家に潜入するまでを取りあげます。

息子ギウの目標

©︎Barunson E&A

 映画冒頭、半地下で暮らすキム一家の元に長男ギウの高校時代の友人で現役の大学生であるミニョクが訪れます。エリート街道にいるミニョクは自分で道を切り拓いていて、自分たちを取り巻いている環境のなすがままの地位に甘んじているキム一家とは対照的な人物です。

 現に、半地下から見える位置で立ちションをする酔っ払いが登場しますが、キム家の家長であるギテクは注意しにいこうとするギウに放っておくように言います。直後、ミニョクが酔っ払いのいる地上に見えますが、彼は立ちションをするのを諫めるのでした。(このミニョクの対応を見てもギテクは特に反発せず、「さすがだな〜」と感じている姿も父ギテクの「流されるがまま」な性格を表しています。)

 ここでは長男ギウを中心にして、父ギテクと友人であるミニョクという対照が描かれています。大学入試に挑みつづけて半地下の生活を抜け出したいギウにとって、ギテクからミニョクへと「変身する」ことがひとつの目標として置かれているのです。

 

象徴的な水石

©︎Barunson E&A

 ミニョクはキム一家に贈り物として「水石(=山水景石)」をもたらします。水石は自然の景観をぎゅっと圧縮したような鑑賞用の石で、持ち主に幸運をもたらすとされています。母チュンスクは食べものではないことを残念に思うものの、長男ギウはその水石を見つめて「象徴的だ……」と言います。

 象徴的だと呟いた後に、ギウは「今のおれたちにピッタリだ」とも言います。友人ミニョクが持ってきたのは水石だけではなく、自分は留学に行ってしまうので今やっている家庭教師として高校生に英語を教える仕事を引き継いでくれないか、という相談でした。その仕事先は半地下のある貧民街ではなく、地上も地上、丘の上にある富裕層の家。そんな話を持ちかけてくれたギウにとって、水石は半地下に甘んじているギテクの地位から自らの前途を切り拓いているミニョクへと変身していく自分を思い描くための手掛かりであり、足掛かりでもあるという意味で、象徴的に見えたことでしょう。

 流れに流されるのではなく自らの重みを持った水石は、その日暮らしを強いられている根無しのキム一家が、社会状況に流されることのない重みを持つようになることを予示するという意味で、「今のおれたちにピッタリだ」というギウの言葉にも納得できます。

 

自分を見せかける

©︎Barunson E&A

 ミニョクの紹介でパク一家での家庭教師の職を手にするために、長男ギウは身分を偽ります。貧民街の半地下生活者だと思われないために。ここで活躍するのが次女ギジョンでした。彼女のスキルで偽の学生証を作り、ギウはパク一家に認められることになるのです。とはいえ、最初の一回目の授業はパク家の夫人ヨンギョの監視の元、ギウの家庭教師としての実力をチェックされます。

 ここで注意しておきたいのは先任者ミニョクと彼が教えていた高校生・令嬢ダヘとの関係です。ミニョクはギウに家庭教師の話を持ちかけたときに、自分はダヘと恋愛関係にあって彼女が大学生になったら付き合うのだ、と言いました。──で、長男ギウがパク家に初めて赴いたときにしたこと、これはまさに「ミニョクになる」ことだったのです。

 長男ギウがエリートであるミニョクになること。それは大学生に見せかけることもそうですし、加えて夫人ヨンギョの前での授業中に令嬢ダヘに向けておこなった「自分が異性であることを意識させるアプローチ」にしてもそうです。ギウは半地下から抜け出してミニョクのような地上生活者になるプロセスとして、自分をミニョク「であるかのように」見せかけたのでした。

 

重みをもたらす水石

 ここでは、水石の持つ「象徴的な見立ての力」にかじりつくことで、不条理な社会の「流れに流されない重み」を手に入れようとしたパラサイト家族の姿と、その戦略の消長を取りあげます。

見せかけの力の象徴

©︎Barunson E&A

 見せかけ。この言葉は「象徴的」の言い換えです。水石は雄大な自然の景観へと見立てた芸術品です。水石そのものと実際の自然の景観とは象徴的な関係が意図されています。──長男ギウが恃んだのもこの「見立ての力」でした。半地下生活から地上生活者になるために、自身をエリートに見立てる

 長男ギウの計画により、キム一家のパク家への潜入がうまく行きます。見立ての力で家族全員が職を得る。半地下で勝利を祝っているとき、映画冒頭に登場した立ちション男が登場します。このときにギウは、まるで虎の威を借りるように水石を振り上げることによって男を追っ払うのでした。

 また、ある大雨の夜には、キム一家が丘の上のパク家から貧民街の半地下の家に帰るくだりがあります。このときに洪水で水没する家の中でギウが抱えるようにして拾うものが、水石でした。このときにギウは父ギテクに対して、自分と水石との関係を次のように言います。「この石は僕にへばりついてくる」。──つまり、ギウにとって「見せかけの力を象徴する水石」は流れの中でかじり付いてでもしがみ付きたいものになっていることがわかります。

 

見せかけではない家族

©︎Barunson E&A

 長男ギウがしがみ付きたい水石が、見せかけの力を象徴するものである。しかし、「見せかけ」は本質的ではないという意味では必ずしもポジティブなものではありません。ここで確認しておきたいのはキム家とパク家との結束力です。パク一家はひとりひとりが家族としての努めを果たしていますが、一致団結という風には見えません。家族写真を見えるところに飾ったりしている点では家族であることを見せかけることにこだわっているようでさえあります。

 パク家の面々は家族でありながらそれぞれが裏と表を持っています。令嬢ダヘは家庭教師との恋愛関係があり、子息ダソンはパク家の幽霊から受け取る地下からのメッセージを受け取る。家長ドンイクもヨンギョ夫人も、誰もが他の家族に打ち明けないでいる秘密がある。──これらは家族として共同していながらも、パク一家が見せかけの家族を営んでいることを示唆しています。(とはいえ、だからといってパク家が家族的ではないわけではありません。この点で、「見せかけではない家族」を下で確認します。)

 パク家に対して、キム一家は固い結束が認められます。パク家が家族団欒のシーンがないのに、キム家では映画冒頭でもパラサイト先であるパク家においても家族団欒の場面がある。これはパク家が「家族である」という見せかけを生きようとしているのに対して、キム家では「パラサイトする」という具体的な目的が生きられているのです。この点において、キム一家は同じ目的に向けて協働的であり、共犯的でもある。──ようするに、見せかけではない家族とは、同じ目的に向けて協働的であり、共犯的であるような集団のことです。そして、パク一家はこの意味での「家族」ではないのです。

 

見せかけでしかなかった水石

©︎Barunson E&A

 大雨のせいで浸水した半地下のキム家で、飾っていた水石が水に浮かんでいる(ように映している)場面があります。これは、映画冒頭での「その日暮らしで根無し草のように流されるしかない」自分たち一家に「社会の流れのなかで重みをもたらすもの」の象徴であった水石の意味合いを裏切る光景です。

 実際のところ、洪水をきっかけにしてパク家へのパラサイト生活に危機が訪れます。そんなときに上の場面が映し出され、長男ギウが恃みにしてきた「水石の重み」に疑念が生じることが暗示されます。にもかかわらず、ギウは浸水した家から水石を拾い上げなければならなかった。こうした自分の態度から、悪化しつつある事態の責任が重くのしかかってきている。──ギウが直面していた情況はそのようなものでした。

 洪水があったあと、パク家ではヨンギョ夫人の気まぐれでパーティーが開かれます。庭先で開かれているパーティーを2階から見下ろしながら、長男ギウはある覚悟をしていました。すなわち、虎の威であるところの水石の力を借りて、自分の計画を邪魔する要因を排除すること。ここで恃んでいた象徴の力は、今や流れに浮かぶことが判明していました。その暗示が導いたのは、──パラサイトの失敗。

 

ゴキブリ解放計画へ

 ここでは、頼みにしていた「水石=象徴的なもの」が妄想的な代物だと気づいたギウが、その象徴性を手放し、今やゴキブリに等しい身分になった父ギテクの解放を誓うくだりを取りあげます。

水石も、階級も、社会も

©︎Barunson E&A

 結局のところ、水石は見せかけでしかないことが判明しました。長男ギウは自身を上等な存在に見せかけることでパク家にパラサイトします。象徴的な力を持つものに身を委ね、キム一家の命運を委ねたのです。こうした「象徴的なもの」にこだわってしまうのは神経質な態度です。洪水の際に水石が「へばりついてくる」と言っている様子などはもはや依存者のそれでしょう。

 わからないからこそ不安になり、不安だからこそ何かに依存する。そして依存先は、依存されるがゆえに権力を持つことになる。虎に権威が生じるのは虎に食われるものが畏れるから。畏れがなければ、虎の威にあやかることもできない。──『パラサイト 半地下の家族』におけるこの上下関係のわかりやすい勾配は、丘の上にあるパク家と半地下に暮らすキム家との位置関係ですし、それに起因する半地下生活者の臭いです。また、ひいては資本主義社会における雇用関係にもとづく階級社会の様相なのだと言えます。

 長男ギウが水石にまなざしたのは見立ての力を使うことで階級社会を這い上がるとする計画でした。しかしこれは理不尽な階級をリスペクトする者が登場するなどし、最後には破綻してしまいます。──しかしこの破綻は、ギウにある気づきをもたらすことになります。それは、自分が這い上がろうとしていた先も水石と同様に「見せかけのものでしかない」という気づきでした。言い換えれば、水石も階級も、ひいては社会そのものまでもが「あたかも存在するかのように思い込まれた権威を頼る」、妄想的な代物でしかないことに。

 

ゴキブリを人間に還す

©︎Barunson E&A

 ゴキブリの宿主になる。これこそ、資本主義社会における最も正直な生き方であり、一軒家で家族を養うという、ごく普通のあり方だと言っていいでしょう。このことはまた『パラサイト 半地下の家族』の冒頭の場面に立ち返らせもします。パラサイト(寄生)することでしか希望が見えない現状があり、だからこそ、キム家の長男ギウはパク家へと「パラサイトすること」を計画したのですから。

 しかし『パラサイト 半地下の家族』のラストではパラサイト計画が必ず失敗に終わることが示されます。なぜならパラサイト計画の前提になっている資本主義のシステムが国境にも等しい分断をもたらしているからです。そうした象徴的な力は現実に根深く、根づいてしまっている。映画終盤ではキム家の父ギテクはゴキブリになります。ここで言う「ゴキブリ」とは宿主なしでは生きられず、人目についたら処分されてしまう存在のことです。

 他方でギウにとってギテクは父親であり、尊敬している人物です。なので、たとえゴキブリの地位になってしまったとしても救いたい存在でもあります。だからこそ、這い出してきたゴキブリを人間に還すためには、稼いで宿主になる必要がある。注意しておきたいのは、ゴキブリの身分もまた資本主義社会が産んだ象徴的な力によるものです。なので、水石を川に置いてただの川石にしたように、這い出てきたゴキブリを元の人間として迎えること。それが肝心になってくるのです。──以上のギウの計画が、映画冒頭で示されたまともな職にありつけずにパラサイトするしかなかった韓国社会の現状を思えば、絶望的であることがわかるでしょう。

 

水石を自然に還す

©︎Barunson E&A

 映画の終盤、長男ギウは大怪我を負って入院することになります。意識を取り戻したときの病室、目の前には医者と刑事がいる。このときギウは笑っていました。狂人的な笑いで。いぶかる刑事に医者は脳にダメージがあった患者はこうなるのだと説明しますが、それだけではありません。

 意識を取り戻したギウは思います。「医者に見えない医者」または「刑事に見えない刑事」と。そうした光景は不自然であり、滑稽でさえありました。つまり、誰の社会的役柄でさも見せかけのもの「であるかのように」見えたのです。こうした認識はこれまで自分が依存してきた「水石の象徴性」にも当てはまります。わざわざ自然の中にあるものを切り取り、再配置することによって価値を持つ水石。それはまさに「自然物に見えない自然物」として、病室で目にした医者や刑事と同じでした。

 何かに見せかけていたのは誰よりも自分たちキム一家でした。病院を退院してから、長男ギウは水石を川の流れに置いて自然に還します。さながら、見せかけの意味から自分自身を解き放つように。そしてギウは改めて計画を立てます。その計画は無謀なものとなるでしょう。なぜならこれまで既成の地位に寄生してうまい汁を吸うようなパラサイト的な、ある種ゴキブリのような生き方をしてきたのに対して、ギウが最後に企てる計画ではパラサイトされる側である「自分がゴキブリの宿主になること」なのですから。計画名を付けるなら「ゴキブリ解放計画」、なんてどうですかね。(※映画を見た方はお気づきの通り、ここでゴキブリと言われているのは父ギテクです。)

 

まとめ

ここまで『パラサイト 半地下の家族』をキム家の長男ギウの視点から、この映画における水石の意味を検討してきました。映画冒頭で「象徴的だ」と言われるように、水石が象徴しているものを点検してみるだけでこの作品の様々な景色が見えてきます。そしてそれはまた、わたしたちの現実の風景でもあるのです。象徴とは必ずしも周知ではないことを表現したもの。水石という象徴から、わたしたち自身がパラサイトしているものについて考えてみるのもいいでしょう。

_了

関連資料

「富裕層の富裕化」より「低所得層の貧困化」に注目したフランスの経済学者が、人間の尊厳を貶めないための資本論を模索する。
資本は「一部の人間の満足や贅沢、権力のためだけにあってはならない」と説くスイスの政治家でありながら社会学者による解説本。弱肉強食な資本主義のあるべき姿を構想。
哲学者によって考察されるのは「生きていくためにカネが必要だ」という社会の事実。社会を動かすカネ、そして暴力から読み解く国家・資本主義・労働の本質。

コメント

タイトルとURLをコピーしました