映画『天井桟敷の人々』の人間模様を解読する|恋愛編

画の紹介
©︎1946 Pathé Cinema
Pocket

こんばんわ、ザムザ(@dragmagic123 )でいるものです。今回は映画『天井桟敷の人々』を見て浮かれています(笑)。これはマルセル・カルネ監督と詩人ジャック・プレヴェールの2人が組んだ、名作恋愛映画で、世界的な評価ももちろんのこと、「世界最高の恋愛映画」とも言われているのです。どんだけだよって感じですが、胸が抉られちゃうんだな、これが。この記事ではそんな映画史上屈指の恋愛映画の恋愛要素について取りあげています。
この記事で取りあげている画
 

映画『天井桟敷の人々』の人間模様を解読する|恋愛編

スポンサーリンク

『天井桟敷の人々』

天井桟敷の人々』という映画があります。1945年に発表されたマルセル・カルネ監督と詩人ジャック・プレヴェール脚本によるフランス映画です。愛の伝道師(と私がそう思っている)美輪明宏をして「世界最高の恋愛映画」と言わしめる名作で、映画人の中でもオールタイムベストとして名前が上がるほどに映画史上の金字塔的な作品とされています。
あらすじや登場人物、評価などに関しては下の記事で取りあげています。

この記事ではとくに『天井桟敷の人々』の “恋愛映画としての魅力” に目を向けることにします。男女関係というばかりではなく、その恋愛の渦中に起こることにも目配せして、映画に登場するひとりの女を巡る男たちの身の振り方や葛藤などを通して、映画全体から読み解ける人間模様を解説していきます。

おおむね鑑賞したこと前提で書かれてはいますが、言及されていること一般的な恋愛の話題としても読めるものになっています。

あらすじ

第1部「犯罪大通り」: 1840年のパリはタンプル大通り。通称”犯罪大通り”で裸の見せ物を自らの売りにしている女芸人ガランス(アルレッティ)は、パントマイム役者のバチスト(ジャン・ルイ・パロー)と知り合い、バチストは彼女を恋するようになった。無頼漢ピエール・フランソワ(マルセル・エラン)や俳優フレデリック・ルメートル(ピエール・ブラッスール)もガランスに恋していた。バチストの出ている芝居小屋「フュナンピュール」座の座長の娘ナタリー(マリア・カザレス)は、バチストに想いを寄せていた。ガランスに想いを寄せアプローチを繰り返しながらもバチストの愛はあまりに純粋であり、二人は結ばれることはなかった。ラスネールといざこざを起したガランスは「フュナンビュール」に出演するようになった。ガランスの妖艶な美貌にモントレ-伯爵(ルイ・サルー)が熱をあげた。

第2部「白い男」: 5年後、バチストはナタリーと結婚し一子をもうけていた。ガランスはモントレ-伯爵と結婚していた。人気俳優になったフレデリックの計らいでバチストはガランスに劇場のバルコニーで会うことが出来た。一方、劇場で伯爵に侮辱されたフランソワは風呂屋で伯爵を襲って殺害する。その後、バチストは想い出の部屋でガランスと一夜を過ごすも、翌朝にバチストの前に現れたナタリーと子供の姿を見たガランスは別れる決心をした。カーニバルで雑踏する街を去るガランスを追ってバチストは彼女の名を呼び続けたが、その声も空しくカーニバルの群衆に飲み込まれてしまった。

(引用は『MIHOシネマ』より)

 

『天井桟敷の人々』の恋愛模様

ここでは『天井桟敷の人々』における「恋愛模様」をうかがっていきます。「世界最高の恋愛映画」と語られる理由を探るつもりで、「恋愛とは何か」や「恋と愛の違い」と言った話題、さらには映画の第一部から第二部への人物関係を図に表すことで解説します。

恋になるか・愛になるか

©︎1946 Pathé Cinema

『天井桟敷の人々』は恋愛映画です。しかし、恋愛とは何でしょうか? 同作を「世界最高の恋愛映画」と称する美輪明宏は「恋愛」を恋と愛とに分けて、次のような言葉を残しています。

おおざっぱに言って、恋とは求めることであって、愛とは許すことである──そう、解説されています。このことは恋と愛とが正反対のものであることを物語っていませんでしょうか。
というのも、恋は自分本位で相手を独占しようとしますが、愛は相手のことを想いながら相手を自由にするものとしてイメージされているからです。さながら、可愛がっている鳥を籠に閉じ込めておくのが恋で、そこから解き放ってやることが愛であるとでも言うように。
以上のことを踏まえると、「恋愛」は、 “上下” や “自他” と同じように、対義語同士が組み合わさった言葉だとわかります。
そうなってくると、「世界最高の恋愛映画」といった言い方も、恋愛映画が一般的に考えられている「うまくいくか・いかないか」ではなく、「恋になるか・愛になるか」の間で、観客が “ハラハラドキドキするもの” として考えられるのではないでしょうか
 

恋から愛へ・愛から恋へ

©︎1946 Pathé Cinema

『天井桟敷の人々』が「世界最高の恋愛映画」であるという視点は、さしあたっては「男女関係」を描いたものとして鑑賞できます。しかし恋愛映画を「恋になるか・愛になるか」で観るならば、それは男女のそれに限らず、さまざまな「〇〇愛」として発見できるでしょう
演劇愛、権力愛、家族愛……etc. そしてまた、そのような「〇〇愛」は「〇〇恋」として考えられます。
恋と愛。これを自分を押し通すか、他人を認められるかで言い換えるといいかもしれません。
たとえば、同じく「演劇愛」を持つバチストとフレデリックの関係に「自分本位の恋」から「他人を許容できる愛」への移行を見ることができます。
第一部で、有言劇役者として成功したいフレデリックが無言劇役者であるガランスに対して、その才能を認めながらもバカにした発言をします。しかし、第二部ではガランスの演技に感動し、「入神の演技だ」と心から評するのでした。
逆の例では、「権力愛」を持つモントレー伯爵のガランスへの態度に注目するのも興味深いです。
第一部で、無償の愛をチラつかせることでガランスを誘惑…というよりも説得するモントレー伯爵ですが、第二部では自分になびいてくれないガランスに対して、あからさまな苛立ちを見せます。つまり、第一部で見せた〈愛〉は第二部で〈恋〉へと変わっているのです。
元からガランスを手に入れたいという自分本位の欲求をカモフラージュしていたのかもしれませんが、モントレー伯爵にはガランスやフレデリックとは違った、権力への恋愛感情がガランスに接する中で透けてくるのです。
以上のように、『天井桟敷の人々』では第一部から第二部へと移り変わるときに、それぞれの人物がどのような変化を見せているかに注目することで、恋から愛へ・愛から恋へと揺れ動く人間模様が窺えるのです
 

図で見る天井桟敷の人々

ここでは大雑把に『天井桟敷の人々』の世界を、とくに第一部から第二部に掛けてどのような変化があったのかに目を向け、それを図に表していきます。
まず以下の図をご覧ください。
 
第一部では赤い円のなかでガランスが中心になり、バチストとフレデリックとラスネールの3人が演劇への情熱を燃やしていました。ガランスに対して、パントマイム師は自分が求めるべき月を見て、犯罪詩人は人生の孤独や文学の夢を見て、女たらしの俳優は人生の真理を見る
これらのガランスへのまなざしはいずれも表現活動に通じています。「芸の肥やし」という言い方もありますが。バチストやフレデリックに関してはガランスへの想いが自身の芸へと昇華されている。ラスネールは一見してそれとは無関係に見えますが、ガランスとの関係を通じて劇作へと関わっているという点で、三者は等しく演劇への情熱(=赤い円)の範疇に属しているのです。
円の外を見てみると、ナタリーはバチストに恋をしますが、彼女がバチストのハートに火を点けることはできません。映画を見ていると “選ばれない女” であるナタリーへと感情移入する向きもあるでしょう。ナタリーが結局のところでバチストに選ばれない理由を考察すると、ナタリーはバチストの恋愛相手ではなく、生活相手でしかなかったからだと考えられます。
一般的に、夫婦になると恋人でいた頃と同じ関係を続けることはしばしば困難です。恋愛とはどこかで互いが互いへの幻想を共有することで成り立っている面があるものの、生活はそうした幻想を剥がして現実を突きつける面がある。その意味で、恋愛感情は生活感情には及ばないのです。逆を言えば、生活を共にするパートナーの他に恋する相手がいるとなると、生活の中でさえ恋愛相手の魅力が保存されたままになる。
なので、たとえナタリーと夫婦になってさえ、共に生活をしてしまうそのことによって彼女はバチストの密かな恋の相手よりも劣ってしまうことにもなるのです。つまり、生活相手は恋愛相手には及ばないのです。だからこそ、バチストはナタリーとの夫婦生活の中でさえ、ガランスという恋愛相手を忘れることはなかったのです。
他方で、同じく赤い円の外にいたモントレー伯爵は、ガランスに美を見て自分の「妻」にならないかと持ちかけます。この “誘い” をガランスを一度は断るのですが、ラスネールが起こした犯罪によって間接的にではあれど、ガランスは伯爵を頼らざるを得なくなったのでした。かくして、赤い円(=演劇への情熱)の中心にいたガランスは円の外に連れ出されてしまうのです。

©︎1946 Pathé Cinema

第二部では赤い円を取り囲む線が破けています。これは円の中心にあったガランスがモントレー伯爵によって引き抜かれてしまったために、バチストとフレデリックとラスネールの関係がバラけてしまったのです。
青い字と四角で囲われているのはそれぞれが赤い円が破けたことで独立していったものを指します。バチストはナタリーと夫婦になり無言劇の俳優として売れていて、フレデリックは俳優として売れている。それからラスネールは犯罪者として名をなしている。モントレー伯爵はガランスを「妻」に迎えますが、今や彼は美しいものに惹かれた男ではなく、美しいものを我が物にしたい権力志向の俗物となっています
肝心のガランスはバチストのことを忘れることができず、かつて自分が位置していた赤い円の中心に憧れている。この第二部では赤い円の中心から引き抜かれて一度は離れた彼女が、再びその中心へと近づくことで始まります。もう決して戻れないと知りながら
『天井桟敷の人々』は結局のところでガランスとバチストの関係に焦点が当たります。言い換えると、バチスト以外の男たち──フレデリック、ラスネール、モントレー伯爵──は恋愛の場から退場することになる。
 
最後にラスネールがモントレー伯爵を殺す場面がありますが、これは赤い円の中心からガランスを引き抜いたことへの報復として読めます。なぜなら、ラスネールにとってガランスは「自分が幸福になれたかもしれない可能性」だったからです。たとえば、バチストにとってガランスが彼の表現行為に「霊感を与える存在=月」だったように、ラスネールにとっても、「文学活動に力をもたらす女神」になったのかもしれないのですから
だからこそ、モントレー伯爵を殺すことによって自分の書いてきた戯曲や自分の果たせなかった夢に報いる必要があったのです。また、この殺しはラスネールと同じく自由を愛するガランスを閉じ込めようとする檻を壊し、彼女を守ることにもなり、バチストに想いを寄せるガランス自身を支援することにもなる。──そして、この展開はモントレー伯爵と同様にラスネール自身もまた恋に敗れたことを認めることでもあるので、切ない。

まとめ

恋愛感情は単に愛欲を掻き立てられるだけなのではない。『天井桟敷の人々』を見るとそんなことを考えさせられます。愛欲もありはするんですが、そういう相手が現れることは世界そのものの意味を書き換えてしまう力があるのですね。だからこそ、生まれ変わったみたいにもなるし、それまで気づかなかった自分にも気付けたりする。ガランスという魅力的な魔性の女性は男たちにそのような可能性を垣間見せる存在でいる。今回はそんなガランスを巡る恋愛物語を見てきました。もしまだ見たことがなければ、ぜひとも見てもらいたい映画です。

_了

関連資料

コメント

タイトルとURLをコピーしました