【銀色夏生の言葉たち】ストイックな詩人のぼんやりした姿

詩集
Pocket

どうも、ザムザ(@dragmagic123 )です。今回は詩人・銀色夏生の写真詩集『微笑みながら消えていく』の中からザムザが気に入った詩文を取りあげてニヤニヤする記事になっています。なんちゃってでコメントを付けているものの、元々の詩文を知ってもらえるだけでも楽しめるでしょう。
この記事で取りあげている本
 

【銀色夏生の言葉たち】ストイックな詩人のぼんやりした姿

スポンサーリンク

『微笑みながら消えていく』の言葉たち

 

以前わたしは詩人・銀色夏生の詩集『微笑みながら消えていく』に関して次の記事を書きました。そこでは同書を次のように評されています。
同人誌のようだ。写真とポエム、情景と叙情。帯には「写真詩集」とある。「風景のようにきれいで静かな本」を作りたかった作者は、これの制作を「自由帳」に喩えている。あるいはパッチワークと言ってもいい。写真が貼られ、言葉が張られ。そうして寄せ集められたものにはそこはかとない詩情がうかがえる。
上の記事では『微笑みながら消えていく』の中で「詩の故郷のようなもの」がどのように描かれているのかに注目しています。記事の書き方がどこかポエティックになっているのもそのためです(ほんまかい)。
しかし、あの本にはまだ取りあげたい宝石のような言葉がまだ眠っていて、今回こうして記事を書こうと決めたのもそういった拾いあげたい言葉を並べてみたくなってのこと。
それでは、以下、銀色夏生の珠玉の言葉たちから、誤読者ザムザが特に気になたったものを取りあげていきます。
 

感動にみちた直立不動

ストイックと聞くとどのようなイメージが浮かぶでしょうか? 練習熱心なスポーツマン? 職人気質の頑固者? 自己実現を目指すビジネスマン? ──いろいろなイメージがあるでしょうが、なかでも詩人が「ストイック」を語るとなると、いったいどのような言葉が口に昇るのか、あるいは筆先に洗われてくるのでしょうか
わたしたちは詩人・銀色夏生の書きとめたところに、詩人のストイック(禁欲的)を見つけ出せるかもしれません。

Q:感動にみちた直立不動

以下で取りあげる文章は「感動にみちた直立不動」というタイトルを付けられています。全文を一挙に載せるには文量が多いので、元の文章を2つに分けて紹介することにします。
禁欲的(ストイック)な人

私は禁欲的(ストイック)な人が好きで、それはガマンと言うのではなくて、なにか……あることを実現するために他のことが自然に遠く遠く遠ざかっていくという感じです。自然に自然に自然に自然に他の一切のことが遠く遠く遠く遠く地平線の遥か彼方へしりぞいてしまって自分とひとつの目的地だけがあってそれはずっと先のほうにあるきれいに輝く何かというふうに知覚されるのですが、だからこそそこへ行きたくてすいよせられるように心が向いてしまうのです。
(p53:太字は引用者)
味わい深い文章です。前半はストイックになることが「自分と自分が実現したいこと」の関係が照明されています。あるいは「自分と自分が向かうべき目的地」との関係、ですね。
 
感動に満ちた直立不動

そして他の一切のものが、人のことや小さなつまらない物事や移り変わりやすい現実が時には恋まで遠心力のように遠くへ行ってしまうのです。風通しがよくてひとりなのです。でも好きな人々が時間と空間を超えて存在しているらしくて私は時々にこにこ顔です。チラチラと、あのなんともいえない甘くせつない予感がして涙がでそうになります。これが私の日常ですが、それにしても「感動に満ちた直立不動」という言葉が好きです。
(p53:太字は引用者)
自分が憧れる対象がどのようなものなのか、その憧憬の感情に照明がむけられています。いわく、自分が好きな人々が時間と空間を超えて存在していて、彼らが自分を笑わせてくれ、切なくさせ、「感動にみちた直立不動」の姿勢を取らせるのだと語っている
 

A:過去ではないものへの郷愁

「感動にみちた直立不動」の文章は、禁欲的(ストイック)な人というのは時間と空間とを超えて存在する、一種の死者たちの気配をまっすぐに感じることができ、それらに勇気づけられて感動することができる。だからこそおのずと目的地に定めたところへ向けてストイックになれるのだ。──と、まとめられるでしょう。
死者たちは一見して過去に属しているようですが、彼らは「時間と空間と超えて存在している」のであり、その点で詩人の彼らへの思慕は “今” もそして “かつて” も現出したことのないものへと向かいます
それに関して、わたしは別記事で「詩人が思い出す存在である」と書いています。
知識を記憶しているのとは違い、詩人が表現しようとする記憶は覚えているということができずに、ただ思い出すことしかできない記憶でいる。ゆえに、詩人は詩想に憑かれたときには想起の態勢をとることになるのだ。
詩人が詩想に憑かれたときには想起の態勢をとる。だからこそ、時間と空間を超えた存在も過去のものである “かのように” 感じる。それゆえに「感動にみちた直立不動」の状態も一種の郷愁的な感情に似ついてしまう。そしてそれが “実は過去のものではないもの” への郷愁および想起であることによって、自身の感動を実現=表現しようとする姿勢はストイックなものになります。 “あの時のあの味” を求める美食家が妥協しないように。
 

ぼんやりしている姿が素敵な理由

彼はちゃんと目的があっていつも行動しているからこそ
目的がなくてぼんやりしている姿も素敵なのです
p78)
これもまた惹かれる言葉です。彼には目的がある。その目的のために行動している。だからこそ、目的がなくてぼんやりしている姿も素敵。
売れないバンドマンを養ってあげているOLのような人物ですが、彼をまなざす目線にはとてもやさしいものがあります。
「感動に満ちた直立不動」で見た “ストイックであること” と “感動すること” との対比を思い出すと、行動は「ストイック」と重ねられますし、ぼんやりしている姿は「感動」に重ねられます。
あるいは、彼が素敵なのは「目的もなくぼんやりできる」からである、と読むこともできるでしょう。
 

知らない価値は全然キョーミない

価値って、それを知っている人にだけ価値があるんだから、
ボク、それのこと知らないから、
みんなが騒いでたって全然キョーミないよ
(p78)
価値の話ですね。知らないものにとっては何も価値がない。言われてみればトーゼンです。
しかし、相手に対して優位な自分を誇示する「マウンティング」をする人がいて、実際にイラッとさせられる人がいることも確かです。
イラついてしまう人は「相手が騒いでいること」に巻き込まれてしまうのですね。そうした人は相手が振りかざす価値を知っているからこそ反応してしまうのかもしれませんが、相手が価値あることだと思っていることと自分が価値あることだと思っていることは、本当に重なり合っているのでしょうか?
誰かが騒いでいることは自分が興味を持つほど、自分にとって価値のあることなのでしょうか?
ほんとは「ボク、それのこと知らないから、キョーミないよ」──このように言えるのではないでしょうか。
 

私は勝ち続けている人が好きです

負け知らず
私は勝ち続けている人が好きです。勝負に負けないということではありません。勝っても勝ってないような負けても負けてないような印象を与えてくれる人です。勝つという事は、ある意味で何かを失うということを知っている人です。その人は、生まれつき負けている。というか、負けを内包して生まれた人で、一般にいう勝ち負けのアミに引っかからない人です。なぜ引っかからないでいられるかというと、そこにアミが見えないからです。見えないものは存在しないものです。負けを内包している以上、もうどこでどう生きようと、負け知らずなのではないかと思うのです。
(p116)
わたしたちは競争社会を生きています。勝ちか、負けか。数字で評価がされる。評価されなければ負け犬・敗残者・落伍者として後ろ指をさされる。そんな社会に。
しかし、じつは、勝負に負けたとしても「勝ち続けている人」になることはできます。「負け知らず」になることはできます。
詩人が「負けを内包して生まれた人」と書いているのは何のことでしょうか? それは勝つことが勝ったというだけでなく、負けたことが負けたというだけではないことを知っている人でしょう。
勝てば勝ってしまったことを負わねばならず、負ければ負けてしまったことを負わねばならない。いずれにしても負わずにはいられないという事実を内包しているなら、人は勝ち負けのアミに捕らわれることはなく、負けを内包していながら負け知らずでもいられるのです
 

おわりに

詩人の言葉に注釈を付けようとするなどというのは無粋なことです。とはいえ、人は見聞きしたものの延長に自分の想いを付け加えることもします。誰かから聞いた言葉に自分を足して、別の誰かへのメッセージにしたり。意識していなくても無意識の裡に。今回は銀色夏生の紡いだ言葉に想いを書き加えた次第です。ザムザとしては、元の言葉が言い含むところの汲み尽くし難さを痛感した記事でした。
_了

関連資料

コメント

タイトルとURLをコピーしました