小説

小説

「意味あんのかよ、こんな世界!」を考える:『クチュクチュバーン』

「意味あんのかよ、こんな世界!」。吉村萬壱の『クチュクチュバーン』の帯文に書かれたキャッチコピになった作中のセリフです。この記事では登場人物の一人であるシマウマ男の経験から、〈考える〉のとは違った〈見る〉ことの奥行きについてまとめました。
小説

デュラスの〝文学に満ちた〟人生のエクリチュール:『愛人 ラマン』

マルグリット・デュラスは自身の小説『愛人 ラマン』を「エクリチュールについての本」と評しました。エクリチュールは「書くこと」や「文体」のことです。この記事ではデュラスが『愛人 ラマン』で到達したというエクリチュールが何だったのかを探ります。
小説

なぜ働かない男マーフィーは精神病患者に憧れたのか:『マーフィー』

ベケットという有名な小説家がいます。彼は労働を人間性を犠牲にするものだと考えていました。ベケットの最初の長編小説には、まさに働かない男であるマーフィーが登場します。当記事では働かないことの哲学小説とでも言うべき『マーフィー』をご紹介します。
小説

ガネーシャに教わる〝劇的〟な人生の成功法:『夢をかなえるゾウ』

夢を見るには眠ればいい。では、夢をかなえるためにはどうすればいいのでしょうか? 人生を成功させるために思い描く目標はついつい現実離れしたものになってしまいがちです。今回はそんな夢を実現するための指南書――『夢をかなえるゾウ』をご紹介します。
小説

フアン・ルルフォ=ラテンアメリカ文学農村部担当:『燃える平原』

現代ラテンアメリカ文学の最重要作家、フアン・ルルフォ。メキシコ革命の暴力を記憶する彼の小説の舞台は農村部。そこは牧歌的ではなく、むしろ殺伐としています。当記事ではそんな荒涼としたメキシコの大地を舞台にした短篇集『燃える平原』をご紹介します。
小説

趣味で書かれた小説――物語の必然と作家の都合:《物語》シリーズ

趣味と仕事は違います。しかし趣味を仕事にしてしまっているひともいます。彼自身の言葉を真に受ければ小説家の西尾維新もそのひとり。当記事では彼の代表作である《物語》シリーズを「趣味で書かれた小説」として――内容にはほぼ触れずに――ご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました