藝術

藝術

【プライベート・ビデオ講座】撮影者の生理で映像を感じる|編集編

詩人の谷川俊太郎と楠かつのりによる映像に関して語りあう対談本『これは見えないものを書くエンピツです』を、デザイナーの寄藤文平の『絵と言葉の一研究』も参照しつつ、「わかりやすさ」や感覚や生理の話題と絡めつつ〈編集〉の意味や理念を取りあげます。
藝術

【プライベート・ビデオ講座】ガジェットの意味と使用者のモラル|撮影編

詩人・谷川俊太郎と楠かつのりによる『これは見えないものを書くエンピツです』を取りあげ、「動画の時代」におけるビデオカメラというガジェットや「人を撮ること」の窃視症的な恐ろしさを紹介し、「プライベート・ビデオ」に入門する心構えを提供します。
藝術

【B’z物語】稲葉浩志と松本孝弘を詩人に見立てる|+萩原朔太郎

吹上流一郎によるロックバンド・B'zの評伝本『B'z物語』を取りあげます。ミュージシャンである稲葉浩志と松本孝弘に関して紹介している文章を、萩原朔太郎の『詩の原理』で描かれている詩人の観念でリミックスした記事になっています。
藝術

人はパターンで世界を認識する|ヨーロッパの装飾と文様

海野弘は『ヨーロッパの装飾と文様』で装飾と文様を構成するパターンが「人が世界を認識する根拠」だと語ります。この記事ではそうしたアイデアを追いかけ、自分の人生を変えることにも通じる世界の読解可能性を拓くパターンのあり方や意味を取りあげます。
藝術

Have a nice sweet joshi!――ジョシとの距離感:『sweet joshi』

誰にとってもジョシは魅力的です。女子と言うには年配に見える女性たちが、仲間内での集まりを「女子会」と言いもします。ジョシであることは男女問わず魅力的なのです。『sweet joshi』はそんなわたしたちのジョシへのまなざしを挑発するのです。
タイトルとURLをコピーしました